世界初 オートフォーカスメガネ emPower! が今春発売- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

世界初 オートフォーカスメガネ emPower! が今春発売

世界初 オートフォーカスメガネ emPower! が今春発売

empower! 本体と充電器。回路やバッテリーはテンプル(つる)の中に内蔵されているので、見た目はとてもスマート。

[出典]http://www.pcworld.com/article/215954/push_a_button_change_your_eyeglass_prescription.html

アメリカの PixelOptics(ピクセルオプティクス)社が開発した、本を読むときに下を向くだけで老眼の度数に切り替わるメガネ「emPower!」が、1月6日(木)よりアメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大級の家電展示会 CES 2011 に出展され、4月から発売されることが明らかになった。

emPower! は、見たい!と思ったときに瞬時にピントが合うほか、今までの遠近両用メガネよりも視野が広く、見え具合もよいのもポイント。さらに、3つのモードを切り替えることで、さまざまなシーンに合わせて使うことができる優れものだ。

瞬時にピントが合う仕組みとは

レンズの度数が変わる秘密は、レンズの中に液晶の層があること。この液晶の中に弱い電流を流すことで、レンズの度数を変えることができるのだ。

さらに、デジカメや iPhone などにも使われている加速度センサーが頭の動きを感知。なにか読もうと下を向くだけで、老眼の度数に切り替わる仕組みとなっている。

プレスリリースによると、PixelOptics(ピクセルオプティクス)社ではこの仕組みを商品化するために、1億円の研究開発費と11年もの歳月を要している。また、emPower! には300近い特許技術が用いられている。

3つのモードを切り替えられる

emPower! には3つのモードがあり、フレームについたスイッチで簡単に切り替えることができる。使うシーンによってモードを切り替えると、より便利に使えそうだ。

オートマチックモード

なにか読もうと下を向くだけで、老眼鏡に早変わりする。

マニュアルモード

普通の遠近両用メガネのように、レンズの上のほうを通してまっすぐ見たときには遠くが見えて、目線を下げてレンズの下の方を使ってみると近くが見える。

マニュアル・オフモード

度数切り替え機能がオフになり、レンズの歪み感が抑えられる。スポーツなど動きの激しいときには、このモードがおすすめ。

視界の広さは今までの遠近両用メガネの2~3倍

emPower! は、視野が広いのも大きなポイントだ。

PixelOptics(ピクセルオプティクス)社によれば、今までの高級遠近両用メガネに比べて、遠くは2倍近く、中間距離(パソコンの画面や手を伸ばしたくらいの距離)は3倍以上、近くのは2倍以上、それぞれ視野が広くなっているという。

遠く専用のメガネや老眼鏡に比べると、遠近両用メガネは構造上どうしても視野が狭くなってしまうのが欠点。しかし、その欠点をかなり解消していると言えそうだ。

世界初 オートフォーカスメガネ emPower! が今春発売

左が今までの高級遠近両用レンズ。右が emPower! (エムパワー)。emPower! (エムパワー)のほうが、はっきり見える部分が広いだけでなく、直線も歪みが少ないのが分かる。

[出典]http://www.pixeloptics.com/pages/electronic_demo.html

モニター結果も好評価

プレスリリースによると、発売に先駆けて行われたモニター調査では、見え方に関する8つの評価項目のうち7つで、今までの高級遠近両用メガネよりも優れていると評価されたという。また、残りの1項目でも、今までの高級遠近両用レンズと同等の評価を得たとのことだ。

1回の充電で3~5日使える

emPower! は電気で度数を切り替えるので、フレームの中に電池が内蔵されている。専用のクレイドル(充電用の台)にセットすれば、2~3時間で充電できる。

1度充電すれば3~5日間使えるが、必要なときに電池が切れてしまうことのないよう、PixelOptics(ピクセルオプティクス)社では、毎晩寝るときに充電することをすすめている。

洗練されたデザインも魅力

emPower! の度数を切り替えるための回路やバッテリーは、テンプル(つる)の中に収められている。そのため、普通のメガネと同じようなスマートで洗練されたデザインに仕上がっているのも魅力だ。

世界初 オートフォーカスメガネ emPower! が今春発売

洗練されたデザインも emPower! の魅力と言えよう。

[出典]http://www.pcworld.com/article/215954/push_a_button_change_your_eyeglass_prescription.html

4月より発売開始。ただしアメリカのみ。

emPower! は4月よりアメリカ南東部で発売される。プレスリリースによれば、2011年中にはアメリカ全土で販売される予定だ。また、今後は全世界での発売が計画されている。

emPower! の開発には日本のパナソニック ヘルスケアも携わっているので、日本での発売も期待したいところだ。

メーカー希望小売価格は、フレームとレンズ、充電器など全て込みで1,200ドル(約10万円)。メガネとしては高い部類だが、日本のデパートや高級専門店で、ハイグレードな遠近両用レンズを入れてメガネを作ることを考えると、それほど高くないとも言える。

emPower! が今後大ヒットでもすれば、価格が安くなることも期待できそうだ。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer