メガネレンズは値段が高いほど薄くて見やすい- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネレンズは値段が高いほど薄くて見やすい

メガネレンズの値段の違いを一言で言えば、薄さと見え方の違いだ。

ご存じの方も多いと思うが、メガネのレンズは度数が強いほど厚くなる。レンズが厚いと、見た目に度が強い印象になるばかりでなく、メガネが重たくなり掛け心地にも影響する。

つまり、レンズが薄いほど、見た目も掛け心地もいいメガネに仕上がるのだ。

レンズの薄さの決め手は素材

レンズの薄さを決める一番の要素は素材。屈折率と呼ばれる数値が少しでも高い素材ほど、同じ度数でもレンズが薄くなる。そして、屈折率の高い素材のレンズほど、値段が高くなっている。

レンズの見やすさは設計で決まる

メガネに限らず、レンズは中心から外れるほど見え方に歪みやボヤけが生じる。いい設計のレンズほど、クリアに見える範囲が広く、見やすくなるのだ。

度が強くなるほど、中心から外れたときの見え方が気になりやすいので、度が強いひとほどレンズの設計にこだわるのがおすすめだ。

現在、メガネレンズには、球面レンズ・非球面レンズ・両面非球面レンズの3つの設計がある。それぞれの特徴を紹介しよう。

球面レンズ

最もリーズナブル。度が弱いひとや度付きサングラス、顔に沿うような丸みのあるフレームにおすすめ。

非球面レンズ

球面レンズに比べて、レンズの表側カーブを浅くする「非球面設計」を施すことで、より薄く、見やすいのが特徴。現在、メガネレンズのスタンダードと言える。幅広いひとにおすすめ。

両面非球面レンズ

非球面レンズがレンズの表側だけに「非球面設計」を施しているのに対し、レンズの裏側にも「非球面設計」を採用した最高級品。非球面レンズに比べ、より薄く、より見やすくなっている。

しかし、非球面レンズとの違いを明らかに実感できるのは、近視・遠視・乱視がかなり強いひとに限られるだろう。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer