【Walden(ウォールデン)】- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

Walden(ウォールデン)

Walden

Walden(ウォールデン) LINDEN

Walden(ウォールデン)は、2011年秋にデビューしたメイド・イン・ジャパンの新しいメガネブランド 。

クラシックをベースとしながらも、素朴でちょっとかわいらしいデザインが魅力で、今や定番となったクラシカルなメガネの中でも、ひと味違う個性を放っている、期待のブランドだ。

ブランド名は、アメリカの作家ヘンリー・D・ソローの名作「ウォールデン 森の生活」からインスパイアされたもの。「人間と自然や森林との調和」をコンセプトに、都会で暮らしていると忘れがちな、自然や森林と生きることの大切さを、メガネというプロダクトを通じて伝えることを目指していて、モデル名にはすべて木の名前が使われている。

【新着情報】

2012年2月11日(土)より発売開始が決定。詳細については以下から。

カラーの美しさに定評があるイタリアのマツケリー社の生地を使用

Walden(ウォールデン) POPLAR。詳細はコチラ

Walden(ウォールデン)のフレームには、カラーの美しさに定評があるイタリアのマツケリー社の生地が使われており、クラシカルでおしゃれな雰囲気をさらに盛り立てている。

そして、生地の美しさをより引き立てているのが、メイド・イン・ジャパンであること。メガネフレームは仕上げの善し悪しで、色つやや質感が大きく変わってくるのだが、Walden(ウォールデン)のフレームは、世界でも有数のメガネ産地である福井県鯖江市の匠の技により、上質かつ暖かみを感じるメガネに仕上がっている。

掛け心地にもこだわりが

Walden(ウォールデン) LINDEN。詳細はコチラ

Walden(ウォールデン)のセル(プラスチック)フレームは、鼻のカタチにあわせて調節ができる鼻あてがついているのもポイント。しかも、目立ちにくいオリジナルデザインになっているので、セル(プラスチック)フレームの雰囲気を壊さずに掛けられるのがうれしい。

さらに、テンプル(つる)にスプリングが内蔵されており、セル(プラスチック)フレームでありながらもソフトな掛け心地になっているのも魅力的だ。

人気ブランド EFFECTOR(エフェクター)の妹分?

Walden(ウォールデン) MAPLE。詳細はコチラ

Walden(ウォールデン)は、ロックテイストあふれるデザインで人気のメガネブランドEFFECTOR(エフェクター)の「妹分」と言ってもいいかもしれない。

というのも、Walden(ウォールデン)は、EFFECTOR(エフェクター)を手がけるメガネセレクトショップ CRADLE(クレイドル)と、BEAUSOLEIL(ボーソレイユ)、 Eye'DC(アイディーシー)CALAF(カラフ)の日本総代理店を務めるトゥーランドットがタッグを組んで手がけているのだ。

Walden(ウォールデン)はあくまで女性をメインターゲットにしてはいるが、男性が掛けるのも大いにアリ。メガネでおしゃれを楽しみながら、個性を演出したいひとや、これまでのクラシカルなメガネとはひと味違うものを掛けたいひとは、性別や年齢を問わず、チェックしてみては。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


最新ニュース

Walden(ウォールデン)取扱店舗一覧

免責事項:「ブランド取り扱い店リスト」はメガネ店ホームページ・ブログなどを元に独自に調査したものです。当サイトに掲載されている店舗のみのリストとなっております。最新の在庫状況などについては、各メガネ店にお問い合わせください。

※「ブランド取り扱い店リスト」への掲載ご希望のメガネ店さまは、コチラよりお申し込み下さい。

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer