シードがコンタクトレンズ10,000箱とケア用品10,000本を被災地へ無償提供- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

シードがコンタクトレンズ10,000箱とケア用品10,000本を被災地へ無償提供

シードがコンタクトレンズ10,000箱とケア用品10,000本を被災地へ無償提供

SEED(シード)公式サイト(スクリーンショット)。

大手コンタクトレンズメーカーのシードは、3月11日(金)に発生した東日本大震災に被災した方々への支援として、1日使い捨てコンタクトレンズとコンタクトレンズケア用品を無償提供する。

ニュースリリースによると、1日使い捨てコンタクトレンズは5,000人が両目につけて約1ヶ月使える10,000箱が、コンタクトレンズケア用品は、5,000人が約2ヶ月使うことができる10,000本が、岩手、宮城、福島の各県に提供される。なお、福島県については、受け入れ準備が整い次第対応するとしている。

電話取材によると、今回提供されるコンタクトレンズは各県の眼科医会を通じて、眼科医のいる病院へ届けられ、眼科医の診察、処方を経て、必要としている方々の元に届けられる。3月23日(水)には、第一便として宮城県に届けられた。

提供されるコンタクトレンズは弱い度数から強い度数までカバーしつつ、過去の出荷データに基づいて、数多く必要とされそうな度数を多めにそろえたものをセットにして、ニーズや状況に応じて数セットずつ提供されるという。

3月14日(月)の電話取材に対して、シードは「コンタクトレンズは食料や生活用品などとは違い、医療機器のため、被災した方々へ提供することはできません。」と答えていたが、眼科医会と連携することにより、被災された方々への提供を実現したようだ。

また、電話取材に応じてくれたシードの担当者は、物流などの状況を考えるとこの時期に提供することは「勇み足」かとも思ったが、眼科医会の対応が早くスムーズだったことで、被災された方々へのコンタクトレンズの提供が実現したと語っている。

関連記事~東日本大震災


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer

id : 1618
Copyright
© 2003 - 2020 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
database 15.58 MB