メガネのくもり止め濃密ジェル~強力なくもり止め効果を長時間発揮、マスク着用時にもオススメ- GLAFAS(グラファス)

メガネのくもり止め濃密ジェル~強力なくもり止め効果を長時間発揮、マスク着用時にもオススメ

メガネのくもり止め濃密ジェル~強力なくもり止め効果を長時間発揮、マスク着用時にもオススメ

ソフト99「メガネのくもり止め濃密ジェル」

[出典]http://www.soft99.co.jp/news/2014/0901_4248.html

ソフト99コーポレーションは、「メガネのくもり止め濃密ジェル」を9月1日(月)に発売した。

メガネのくもり止め濃密ジェル」は、ジェルを塗り込むことで、濃縮されたくもり止め成分がレンズに直接密着して、強力なくもり止め効果を長時間発揮できるという。

多くのメガネ用くもり止めと異なり、乾燥が不要なことや、従来品と比べ耐久時間が約3倍なのもうれしい。

「メガネのくもり止め濃密ジェル」は塗り込むだけでOK

メガネのくもり止め濃密ジェル」の使い方は、レンズの両面に米粒大(直径5mm程度)のジェルをつけて、メガネ拭きの布で塗り込み、拭き上げるだけ。

ただし、レンズにホコリなどがついたままで「メガネのくもり止め濃密ジェル」を使うと、レンズにキズを付ける原因となるので、メガネをキレイに洗い、水気を拭き取ってからジェルを塗る込むのがオススメだ。

また、ジェルタイプなので、フレームなどに飛び散る心配がないのもポイントだ。

メガネのくもり止め濃密ジェル」は、レンズに優しい中性タイプ。だが、カラーコーティングやミラーコーティングが施されたレンズ、水中メガネやコンタクトレンズには使えないのでご注意を。

メガネのくもり止め 濃密ジェル 耐久タイプ

メガネのくもり止め濃密ジェル」は、レンズの両面に1滴つけて塗り込むだけで、強力なくもり止め効果を発揮するという。

「メガネのくもり止め濃密ジェル」は乾燥不要、約3倍の耐久時間

従来のメガネ用くもり止めは、レンズに塗ったあとで乾燥時間が必要なものが多い。

しかし、「メガネのくもり止め濃密ジェル」は、濃縮されたくもり止め成分が即座に皮膜を形成するので、レンズに塗り込むだけで乾燥時間が必要ないのがポイントだ。

また、乾燥が必要ないため拭きムラが起こらず、きれいに仕上がるのもうれしい。

さらにうれしいのが、ソフト99の従来品に比べて、レンズがくもり始めるまでの時間が約3倍ということ。くもり止め効果が長持ちするのはありがたい。

しかも、最近多く出回っている汚れが付きにくいコーティングが施されたレンズにも、くもり止め効果を発揮するという。

マスク着用時にメガネのレンズがくもって困っているひとや、寒い冬でもメガネのくもりを気にせず快適に過ごしたいひとは、「メガネのくもり止め濃密ジェル」をチェックしてみては。

メガネのくもり止め 濃密ジェル 耐久タイプ

(左)「使用前」。(右)「使用後」。

「メガネのくもり止め濃密ジェル」商品概要

▼内容量:10g(メガネ約100本に使用可能)

▼希望小売価格:オープン

メガネのくもり止め 濃密ジェル 耐久タイプ

【Amazon】で「メガネのくもり止め 濃密ジェル」の詳細を見る

【楽天市場】で「メガネのくもり止め濃密ジェル」の詳細を見る

【楽天市場】で「メガネのくもり止め濃密ジェル」の最安値を探す

関連記事

メガネのプロも絶賛のくもり止め「アンチフォグ レンズクリーナー」

拭くだけ簡単のメガネ用くもり止め『FOG STOP』(フォグ・ストップ)

Nonfog Lens(ノンフォグレンズ)~マスクをしても曇りにくいメガネレンズが ALOOK(アルク)から発売

「Nonfog Lens(ノンフォグレンズ)」(左)と 「通常のレンズ」(右)の比較画像。 image by メガネトップ

「Nonfog Lens(ノンフォグレンズ)」(左)と
「通常のレンズ」(右)の比較画像。
image by メガネトップ


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

GLAFASについて

GLAFAS(グラファス)は「メガネを知りたい!買いたい!楽しみたい!ひとの情報サイト」です。

メガネを楽しむことでより豊かな生活を送るお手伝いをするために、全国のメガネユーザーに向けて、さまざまな情報を発信しています。

id : 4821
Copyright
© 2003 - 2023 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
full_cache