チバビジョンがコンタクトレンズケア用品を被災地へ無償提供- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

チバビジョンがコンタクトレンズケア用品を被災地へ無償提供

チバビジョンがコンタクトレンズケア用品を被災地へ無償提供

チバビジョン 公式サイト(スクリーンショット)

[出典]http://www.cibavision.jp/press_room/news/2011/release_page08.html

コンタクトレンズメーカーのチバビジョンは、3月11日(金)に発生した東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)に被災した方々への支援として、ソフトコンタクトレンズ用のケア製品(消毒液、コンタクトレンズ保存ケース)計5000個を、宮城県の災害対策本部を通じて無償提供したことを明らかにした。

プレスリリースによると、今回の支援は被災地のコンタクトレンズユーザーによる「コンタクトレンズを消毒したい」「コンタクトレンズを外して保管するケースが欲しい」といった要請を受けたもの。すでに、3月19日(土)午後に現地へ到着している。

さらに、チバビジョンでは、今後も地方自治体やNGOなどを通じて、救援物資による支援活動を続けるほか、チバビジョンが属するノバルティスグループ各社と連携し、マッチングギフト制度(※)と呼ばれる社員および企業による募金活動も実施する予定だという。

※マッチングギフトとは

社員の個人的な寄付に対し、会社からも、社内で定めた基準に則り寄付をするプログラムです。 (例えば、社員Aさんが当団体に4,500円を寄付し、Aさんの勤務先の会社も同額を当団体に寄付する)

http://www.worldvision.or.jp/special_enterprise/#match

関連リンク

洗浄液やケースなどのコンタクトレンズケア用品は各被災地で求められており、東京都などでも救援物資として受け付けている。

関連記事~大手コンタクトレンズメーカーの被災者への対応

3月14日(月)の電話取材に対して、チバビジョンは過去に災害の被災地へコンタクトレンズを提供した実績があることと、東北関東大震災で被災した方々へコンタクトレンズを提供する可能性を明かしていた。

関連記事~東日本大震災


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer

id : 1617
Copyright
© 2003 - 2020 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
database 15.91 MB