2020年11月の大手メガネチェーン売上高、4社全ての全店ベース売上高が増加- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

2020年11月の大手メガネチェーン売上高、4社全ての全店ベース売上高が増加

2020年11月の大手メガネチェーン売上高、4社全ての全店ベース売上高が増加

大手メガネチェーン4社が12月7日(月)までに発表した、2020年11月の売上高(速報値)は、4社全てが全店ベースで売上高が前年を上回った。JINS(ジンズ)を除く3社は、既存店売上高も前年を上回った。

JINS(ジンズ)は、既存店売上高が前年比を下回った理由として、新型コロナウイルスの感染者数が再び増加してきたことに伴い、札幌、大阪、東京都心を中心に、前年と比べて客数が落ち込んでいることなどを挙げている。


愛眼

「メガネの愛眼 - めがね・サングラス・コンタクトレンズ・補聴器等をご提供する眼鏡専門店」 (スクリーンショット)

メガネの愛眼 - めがね・サングラス・コンタクトレンズ・補聴器等をご提供する眼鏡専門店
(スクリーンショット)

メガネのアイガンを展開する愛眼の11月の売上高(速報値)は、既存店ベースで前年比9.1%増、全店ベースで前年比9.6%増となった。これらの数値は、メガネ小売り部門のみのもので、卸部門と写真館部門は含んでいない。


ジンズホールディングス

「株式会社ジンズホールディングス - JINS HOLDINGS」 (スクリーンショット)

株式会社ジンズホールディングス - JINS HOLDINGS
(スクリーンショット)

JINS(ジンズ)を展開するジンズホールディングスの11月の売上高(速報値)は、既存店ベースで前年比3.4%減、全店ベースで前年比1.0%増となった。

既存店売上高が前年比を下回った理由として、新型コロナウイルスの感染者数が再び増加してきたことに伴い、札幌、大阪、東京都心を中心に、前年と比べて客数が落ち込んでいることなどを挙げている。


三城ホールディングス

「三城ホールディングス」 (スクリーンショット)

三城ホールディングス
(スクリーンショット)

パリミキやメガネの三城などを運営する三城ホールディングスの11月の売上高(速報値)は、既存店ベースで9.6%増、全店ベースで7.6%増となった。これらの数値は、(株)三城および(株)金鳳堂の国内小売り売上高の合計値で算出されている。


ビジョナリーホールディングス

「ビジョナリーホールディングス」 (スクリーンショット)

ビジョナリーホールディングス
(スクリーンショット)

メガネスーパーなどを展開するビジョナリーホールディングスの10月の売上高(速報値)は、既存店ベースで前年比4.6%増、全店ベースで前年比2.6%増となった。EC部門は前年比15.7%増となっている。


関連記事

2020年10月の大手メガネチェーン売上高、4社中3社の既存店売上高が増加

メガネ業界 売上速報 業界動向 関連ニュース まとめ


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

id : 7124
Copyright
© 2003 - 2021 GLAFAS All Rights Reserved.
Powered by MODX
bypass_cache 146.2 KB