世界でひとつだけのメガネフレームを作ろう~東京メガネ×鯖江の職人「手作りメガネ教室」- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

世界でひとつだけのメガネフレームを作ろう~東京メガネ×鯖江の職人「手作りメガネ教室」

世界でひとつだけのメガネフレームを作ろう~東京メガネ×鯖江の職人「手作りメガネ教室」

image by 東京メガネ

東京メガネは、“メガネの聖地”福井・鯖江の職人(※)とコラボした「手作りメガネ教室」を八王子店と日本橋人形町店にて6月18日(土)よりスタートする。

「手作りメガネ教室」は、デザインとプラスチック生地を自由に組み合わせて”世界にひとつだけのメガネフレーム”を自分の手で作ることができるというもの。フレームは鯖江の熟練職人が最終仕上げをおこない、レンズ選びの相談や掛け心地の調整は東京メガネのスタッフがサポートする。

料金は21,600円(税込、レンズ代別)で、作業時間の目安は5~7時間。予約制となっており、数日に分けての作業することも可能。また、テンプル(つる)に文字を刻むことができるので、誕生日や記念日にメッセージを入れてプレゼントするのも楽しそう。

”世界にひとつだけのフレーム”を自分の手で作ってみたいひと、結婚指輪ならぬ”結婚メガネ”を交換したいひとは、東京メガネの「手作りメガネ教室」に参加してみては。

サンオプチカルの代表取締役を務める竹内 公一氏。

「手作りメガネ教室」フレーム完成例。

「手作りメガネ教室」フレーム完成例。

東京メガネ「手作りメガネ教室」概要

▼場所

▼時間

  • 午前10:00~13:00、午後14:00~17:00
  • ※トータル作業時間の目安は5~7時間。数日に分けての作業も可能。

▼定員

  • 午前・午後 各2名

▼料金

  • 21,600円(税込)
  • ※レンズ別売り、文字入れは540円~。

東京メガネ「手作りメガネ教室」フレーム完成までの流れ

たくさんのプラスチック生地の中から好みのものを選ぶ。

たくさんのプラスチック生地の中から好みのものを選ぶ。

フレームのデザインを選ぶ。

フレームのデザインを選ぶ。

デザインに合わせて糸のこでカットする。

デザインに合わせて糸のこでカットする。

ヤスリでカタチを整えていく。

ヤスリでカタチを整えていく。

サンドペーパーで表面をなめらかに整えたら作業完了。

サンドペーパーで表面をなめらかに整えたら作業完了。

仕上げは“メガネの聖地”鯖江のメガネ職人が担当。1ヶ月半~2ヶ月で完成する。

仕上げは“メガネの聖地”鯖江のメガネ職人が担当。1ヶ月半~2ヶ月で完成する。

"世界でひとつだけのメガネ”を自分で作ってみたいひとは、「手作りメガネ教室」に参加してみては。

"世界でひとつだけのメガネ”を自分で作ってみたいひとは、「手作りメガネ教室」に参加してみては。

関連リンク:手作りメガネ教室

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer