注目アイウェアブランドEYEVAN(アイヴァン) 7285の最新メガネが恵比寿と吉祥寺に集結- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

注目アイウェアブランドEYEVAN(アイヴァン) 7285の最新メガネが恵比寿と吉祥寺に集結

注目アイウェアブランドEYEVAN(アイヴァン) 7285の最新メガネが恵比寿と吉祥寺に集結

EYEVAN 7285 “5th” Exhibition は、5月24日(日)まで。

完成度の高いデザインとメイドインジャパンならではの作り込みで人気のアイウェアブランド EYEVAN(アイヴァン) 7285

東京・恵比寿の Continuer(コンティニュエ)と姉妹店 The PARKSIDE ROOM(東京・吉祥寺)では、EYEVAN(アイヴァン) 7285の5thコレクション発売にあわせて、5月1日(金)よりエキシビジョンを開催。最新モデル12型をフルラインナップでそろえる。

さらに、過去の名作の一部もあわせて展開。EYEVAN(アイヴァン) 7285の魅力を堪能できるチャンスとなりそうだ。

クラシックかつミニマムなのが今の気分にピッタリ

EYEVAN(アイヴァン) 7285の5thコレクションは、これまで同様クラシックな流れを感じさせながらも、やや大きめなサイズのものや装飾を抑えたミニマムなものなど、「これから」の気分を反映させた仕上がり。

また、サングラスレンズには、これまでの偏光レンズ(※1)に加えて、特注のガラス調光レンズ(※2)を採用したモデルも登場し、機能面もさらに充実。

完成度の高い上質なメガネ・サングラスで、一歩先行くトレンドをさりげなく取り入れてみたい。

※1:チラつきや乱反射を取り除き、よりクリアな視界が得られるレンズ。

※2:紫外線に反応し、屋外に出るとカラーが濃くなるレンズ。また、プラスチックレンズ全盛の今、ガラスレンズはレア。よりクラシックな雰囲気が楽しめる。

EYEVAN(アイヴァン) 7285 「137」カラー:900 価格:36,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285
「137」カラー:900
価格:36,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285 「312」カラー:1091 価格:36,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285
「312」カラー:1091
価格:36,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285 「546」カラー:2011 価格:40,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285
「546」カラー:2011
価格:40,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285 「547」カラー:1030 価格:42,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285
「547」カラー:1030
価格:42,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285 「727」カラー:3010 価格:42,000円

EYEVAN(アイヴァン) 7285
「727」カラー:3010
価格:42,000円

EYEVAN(アイヴァン) 7285 「724」カラー:3151 価格:46,000円

EYEVAN(アイヴァン) 7285
「724」カラー:3151
価格:46,000円

EYEVAN(アイヴァン) 7285 「725」カラー:801 価格:40,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285
「725」カラー:801
価格:40,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285 「726」カラー:3032 価格:40,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285
「726」カラー:3032
価格:40,000円(税別)

EYEVAN(アイヴァン) 7285とは

EYEVAN(アイヴァン) 7285は、2013年に復活を遂げたメガネブランド。

前進となった EYEVAN(アイヴァン)は、1972年、石津謙介氏が手がけたファッションブランド「ヴァンジャケット(VAN)」と共同で設立…

Continuer・The PARKSIDE ROOM 店舗データ

Continuer(コンティニュエ)(東京・恵比寿)

Continuer(コンティニュエ)の店内。image by Continuer

Continuer(コンティニュエ)の店内。

The PARKSIDE ROOM(東京・吉祥寺)

The PARKSIDE ROOMは、「“PARKSIDE”の小さな隠れ家」。居心地のよい空間が広がる。 image by Continuer 【クリックして拡大】

The PARKSIDE ROOMは、「“PARKSIDE”の小さな隠れ家」。居心地のよい空間が広がる。

MOSCOT(モスコット)フェアも開催中

MOSCOT(モスコット)100周年記念フェアが東京・吉祥寺のThe PARKSIDE ROOMで開催

1915年にメガネ店として誕生した MOSCOT(モスコット)は、今年で100周年。

1915年にメガネ店として誕生した MOSCOT(モスコット)は、今年で100周年。


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer