メガネレンズを安く交換する方法- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネレンズを安く交換する方法

メガネレンズを安く交換する方法

レンズ込みの低価格が人気のメガネ店の中には、他のお店で買ったフレームでもレンズ交換ができるお店がある。一番安いところでは、3,000円(税別)からという安さなのだ。

視力や度数が変わったけど、フレームは今までのものを使いたいというひとはもちろん、新しいメガネを買ったときに、旧いメガネのレンズも一緒に取りかえるのもいいと思う。また、旅行先などで気に入ったフレームを見つけた場合に、レンズは近所の安いお店で入れるのもアリだ。

もちろん、お店で視力検査(検眼)をしてもらって度数を選ぶこともできるし、今までのメガネと同じ度数で作ることもできる。

まずはお店で相談しよう

今回ご紹介するメガネ店では、他のお店で買ったフレームのレンズ交換も受け付けてくれるが、フレームによっては受け付けてもらえないこともある。レンズ交換を受けるかどうかは、お店のスタッフがフレームを見て判断するので、まずはフレームを見てもらい相談するのがおすすめだ。

レンズ交換を断られるかもしれない例を挙げてみよう。

  • レンズ交換をするときに、壊れてしまう恐れがあるフレーム。
  • 顔を包み込むようにカーブが深いものフレーム。
  • レンズがかなり大きいフレーム。
  • ふちなしフレーム。
  • バッファローホーンや竹など特殊な素材のフレーム。
  • 作りが特殊なフレーム。

超薄型レンズでも追加料金0円! OWNDAYS(オンデーズ)

「レンズ交換サービス | メガネのオンデーズ (眼鏡・めがね)」(スクリーンショット)

レンズ交換サービス | メガネのオンデーズ (眼鏡・めがね)」(スクリーンショット)

OWNDAYS(オンデーズ)では、どんな度数でもレンズの追加料金0円。度数が強く、レンズの厚さが気になるひとでも、値段が上がるのを気にせずレンズを交換できる。

レンズ交換の価格は、単焦点(近視・遠視・乱視・老眼用)が7,000円(税別)、遠近両用・中近両用・近々両用が10,000円(税別)とリーズナブル。さらに、すべてのレンズが端の方まで見やすく、度数が強いひとでも厚くなりにくい非球面レンズなので安心だ。

しかも、「他店でご購入されたメガネのレンズ交換も喜んで承っております。」というので、気後れすることなく足を運ぶことができそうだ。

OWNDAYS(オンデーズ)レンズ交換価格(2枚1組)

レンズ種類 価格(税別) 屈折率など詳細
非球面レンズ 7,000円 屈折率1.60、1.67、1.74
遠近両用・中近両用・近々両用 10,000円 全て非球面。屈折率1.60、1.67(遠近両用のみ)
調光レンズ 12,000円 紫外線に反応し、外に出ると色がつくレンズ。屈折率1.55
偏光レンズ 15,000円 乱反射光を取り除き、クリアな視界が得られる。屈折率1.60
カラーレンズ +3,000円 色や濃さなどを選べる。
PCレンズ +3,000円 グレー/ブラウン/グリーン/イエロー/クリア

※ツーポイント(ふちなし)など、特殊加工が必要な場合は別途見積もりになることもあり。

3,000円からレンズ交換できるalook(アルク)

「LENS レンズの販売・交換について | ALOOK(アルク)(メガネ・眼鏡・めがね)」(スクリーンショット)

LENS レンズの販売・交換について | ALOOK(アルク)(メガネ・眼鏡・めがね)」(スクリーンショット)

ALOOK(アルク)では、一番安いレンズを選べば 3,000円(税別)でレンズ交換ができる。

LENS レンズの販売・交換について | ALOOK(アルク)(メガネ・眼鏡・めがね)

このレンズは、屈折率 1.55の球面レンズと呼ばれるもので、悪く言えば一番厚みが出るタイプだ。しかし、度数があまり強くないひとや、スペアのメガネなどに使うには、まず問題ないだろう。

ただし、フレームがふちなしの場合にはレンズが割れやすいことや、今まで非球面レンズというタイプのものを使っているひとは見え方の感覚が違ってくるのには注意してほしい。

まだ、6,000円(税別)出せば、屈折率 1.74という超薄型レンズまで選べることも、度数の強いひとにとってはうれしいところだ。

※屈折率の数字が大きいほど、同じ度数でもレンズが薄く仕上がる。したがって、度数の強いひとほど、屈折率の高いレンズがおすすめ。

alook(アルク)レンズ交換価格(2枚1組)

レンズ種類 価格(税別) オススメポイントなど
屈折率1.55球面レンズ 3,000円 度数が弱いひとにオススメ。
屈折率1.60薄型非球面レンズ 6,000円 薄さ・軽さ・見やすさのバランスが取れたレンズ。
屈折率1.67薄型非球面レンズ 6,000円 度数が強いひとにオススメ。
屈折率1.74薄型非球面レンズ 6,000円 度数がかなり強く、できるだけ薄くしたいひとにオススメ。
PCレンズ +8,000円 ブルーライトを吸収・反射してカットするレンズ。
カラーレンズ +2,000円 色や濃さ、グラデーション、フルカラーなどを選べる。
屈折率1.60遠近両用レンズ 8,000円 縦幅が小さいフレーム用も選べる。
屈折率1.67薄型遠近両用レンズ 11,000円 度が強いひとにオススメ。縦幅が小さいフレーム用も選べる。
屈折率1.50近近両用レンズ 8,000円 手元から少し先まで見えるレンズ。パソコンやデスクワークに最適。
屈折率1.60薄型近近両用レンズ 11,000円 手元から少し先まで見えるレンズ。パソコンやデスクワークに最適。

※ALOOK by 眼鏡市場ではレンズ交換を行っていない。

どんなレンズを選んでも10,800円の眼鏡市場

「取扱いレンズ一覧|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)」(スクリーンショット)

取扱いレンズ一覧|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)」(スクリーンショット)

眼鏡市場では、どんなレンズを選んでも10,800円(税抜)でレンズの交換ができる。

取扱いレンズ一覧|レンズ|眼鏡市場(メガネ・めがね)

選べるレンズの種類が豊富で、遠近両用や中近両用、近々両用など、老眼世代向けのレンズに多くのタイプが揃っているのがうれしい。

また、2,100円のオプション料金がかかってしまうが、カラーレンズのほか機能性の高いレンズを選ぶこともできるので、視力やライフスタイルに合わせて、よりよいレンズを選ぶことができそうだ。

眼鏡市場で選べるレンズ一覧

レンズ種類 屈折率など詳細
プラスチック単焦点 非球面(屈折率1.60、1.67、1.74)球面(屈折率1.60)
ガラス単焦点 球面(屈折率1.60、1.70)
プラスチック遠近両用 屈折率1.60、1.67、1.74
プラスチック中近両用 屈折率1.50、1.60、1.67
プラスチック近近両用 屈折率1.50、1.60、1.67
ガラス遠近両用 屈折率1.60

カラー入りや高機能タイプなども充実

眼鏡市場では +2,000円(税別)のオプション料金でレンズにカラーを入れることもできるほか、以下のさまざまな機能をもったレンズを選ぶこともできる。

和真なら10,000円で超薄型も遠近両用も選べる

「レンズ交換 | メガネ専門店 - 和真(ワシン)」(スクリーンショット)

レンズ交換 | メガネ専門店 - 和真(ワシン)」(スクリーンショット)

メガネ専門店の和真では、10,000円(税別)でレンズ交換可能。超薄型レンズも遠近両用レンズ追加料金なし。度数や用途に合わせて選べる。

和真で選べるレンズ一覧

レンズ種類 屈折率など詳細
プラスチック球面レンズ 屈折率1.50、1.60
プラスチック非球面レンズ 屈折率1.50、1.60、1.67、1.74、1.76
ガラスレンズ 屈折率1.60、1.70
プラスチック遠近両用レンズ 屈折率1.60、1.67、1.70
二重焦点レンズ 屈折率1.50
中近両用レンズ 屈折率1.60
近近両用レンズ 屈折率1.60
目の疲れ軽減レンズ 屈折率1.60
偏光レンズ 屈折率1.50
調光レンズ 屈折率1.55

※2015年8月27日:大幅加筆修正しました。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer