Ray-Ban(レイバン)が木村拓哉と初コラボ、アビエーターの限定モデル発売- GLAFAS(グラファス)

Ray-Ban(レイバン)が木村拓哉と初コラボ、アビエーターの限定モデル発売

Ray-Ban(レイバン)が木村拓哉と初コラボ、アビエーターの限定モデル発売

image by ルックスオティカジャパン

人気アイウェアブランド Ray-Ban(レイバン)から、歌手・俳優の木村拓哉氏との日本初となるコラボレーション「RAY-BAN × TAKUYA KIMURA」がスタート。

このコラボレーションを記念するリミテッドエディションが、Ray-Ban Store SHIBUYAおよびRay-Ban 公式オンラインストアにて200本の数量限定で、4月24日(土)より発売される。

リミテッドエディションとして木村氏が選んだのは、木村氏自身が愛用する、Ray-Ban(レイバン)の象徴的なモデル「アビエーター」。フレームは日本の職人が手がけるチタン製で、紫外線に反応して色が変わる、ライトカラーの調光レンズが搭載される。

RAY-BAN × TAKUYA KIMURA アビエーター プロダクトカット

このリミテッドエディションについて、木村氏は次のようにコメントしている。

「今回、Ray-Banとのコラボレーションが形になってお届けできることに、とてもわくわくしています。」

「僕にとってRay-Banとの出会いは、10代の頃に見た映画“トップガン”のトム・クルーズが掛けていたティアドロップ型のアビエーターで、その姿に憧れて以来ずっと愛用しています。初のコラボレーションには思い入れのあるアビエーターを指名して、日本製のチタンフレームとレンズのカラーを選びました。紫外線に反応するライトカラーの調光レンズなので室内でも屋外でもいろんな場面で、スタイルを表現するファッションアイテムとして使ってもらいたいです。」

「RAY-BAN × TAKUYA KIMURA」のキャンペーンは、Ray-Ban(レイバン)のスピリットを表現するグローバルキャンペーンコンセプト「YOU'RE ON」に基づいて制作された。

キャンペーンビジュアルの撮影は、木村氏の長年の友人でもあるフォトグラファー操上和美氏が担当。キャンペーン動画が、Ray-Ban公式YouTubeチャンネルにて4月14日(水)より公開されるほか、コラボレーション開発と撮影現場のメイキング動画が、リミテッドエディションの発売前日となる4月23日(金) 午後9時より公開される。

RAY-BAN X TAKUYA KIMURA // You're On - YouTube

RAY-BAN × TAKUYA KIMURA リミテッドエディション

RAY-BAN × TAKUYA KIMURA リミテッドエディション スペシャルボックス

アビエーターは1937年のブランド誕生時から変わらぬスタイルを貫く、ユニークかつブランドのエッセンスを持った、最も象徴的なモデル。

RAY-BAN × TAKUYA KIMURA リミテッドエディション アビエーター その1

RAY-BAN × TAKUYA KIMURA リミテッドエディション アビエーター その2

「RAY-BAN × TAKUYA KIMURA」のリミテッドエディションは、日本の職人技を駆使したチタン製のフレームに、ライトブルーのRay-Banオリジナル調光レンズ「エヴォルブ」を組み合わせた。フレームにはシリアルナンバーが入り、木村氏の手書きイニシャルがテンプルエンドに刻印される。

RAY-BAN × TAKUYA KIMURA リミテッドエディション アビエーター シリアルナンバー

RAY-BAN × TAKUYA KIMURA リミテッドエディション アビエーター 木村拓哉 手書きイニシャル

コラボレーションロゴが入ったスペシャルボックス、オリジナルケース、クリーニングキット、シリアルナンバー入りの限定証明カードがセットになった、特別仕様となっている。

RAY-BAN × TAKUYA KIMURA リミテッドエディション スペシャルボックス

価格は71,500円(税込)。Ray-Ban Store SHIBUYAおよびRay-Ban公式オンラインストアにて、4月24日(土)より発売される。各店100個ずつの数量限定なので、気になる人は早めのチェックがオススメだ。

木村拓哉氏 コメント

RAY-BAN × TAKUYA KIMURA キャンペーン ビジュアル

Ray-Ban(レイバン)について印象や思い出は?

「自分の中ではサングラスとレイバンはイコールで結びつくようなブランドで、自分が見てきた映画の登場人物や好きなミュージシャンなど、憧れていた人たちが掛けていたサングラスのブランドなので、必然的に自分も同じものを好きになっていたように思います。」

「RAY-BAN × TAKUYA KIMURA」のコラボレーションで凝ったポイントは?

「まず自分が掛けたいもの、自分が欲しいものというのがひとつ。もうひとつは、目上の方の前でサングラスを掛けていると、日本の文化の中では失礼にあたるような感覚が少し気になっていて、掛けていても目の表情が相手に伝わる薄さにしてみました。」

限定モデルのアビエーターでこだわった点は?

「調光レンズという、UVをレンズが感じるとそれに反応して色が濃くなるレンズを使っています。室内でコミュニケーションを取る時にも掛けていられるし、そのまま外に出ても紫外線を感じ取ってレンズが濃くなり目を守ってくれる、願ったり叶ったりのものを作っていただきました。」

映画などでサングラスをかっこいいと感じたシーンはありますか?

「僕が中学生くらいの時にレイバンのティアドロップのサングラスをアメリカの映画『トップガン』で掛けていたり、好きなハードロックのバンドメンバーがティアドロップのサングラスを掛けてCDやレコードのジャケットに写っていたり演奏している姿を見て、憧れを持っていました。」

関連記事

東京・渋谷に誕生したRay-Ban(レイバン)日本初の直営店「Ray-Ban Store SHIBUYA」に行ってみた

「Ray-Ban Store SHIBUYA」は、ブランドカラーの赤と黒を基調としたデザインが印象的。店内には Ray-Ban(レイバン)のフルラインナップ約900種類以上のメガネ・サングラスがそろう。

また、日本初のサービスとして Ray-Ban(レイバン)純正度付きレンズ・度付きサングラスレンズを販売するほか、オンラインストアのみで展開しているサングラスのカスタマイズサービス「REMIX」を実物を見ながらオーダーできる。

Ray-Ban Store SHIBUYA

Ray-Ban Store SHIBUYA
(2018年6月撮影)
image by GLAFAS


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)

あなたへのおすすめ

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer