宮藤官九郎がメガネ ベストドレッサー賞文化界部門を受賞- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

宮藤官九郎がメガネ ベストドレッサー賞文化界部門を受賞

宮藤官九郎がメガネ ベストドレッサー賞文化界部門を受賞

日本 メガネ ベストドレッサー賞を文化界部門で受賞した宮藤官九郎。

「今メガネの最も似合う各界の著名人」を選考する「第30回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」の表彰式が、10月11日(水)に東京ビッグサイトでおこなわれ、文化界部門で受賞した脚本家/ 監督/俳優の宮藤官九郎さんが出席した。

表彰式では表彰状とトロフィー、副賞が授与され、受賞の喜びを語った。

受賞の喜びを語る宮藤官九郎。

受賞の喜びを語る宮藤官九郎。

掛けているメガネは、RUBIANTのフレーム。

掛けているメガネは、RUBIANTのフレーム。

掛けているのは、PRIDE Eyewearのサングラス。

掛けているのは、PRIDE Eyewearのサングラス。

宮藤官九郎(脚本家・監督・俳優)プロフィール

1970年、宮城県生まれ。1991年より大人計画に参加。以降、脚本家・監督・俳優として活躍。

映画「GO」(2001)で第25回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、ドラマ「木更津キャッツアイ」(2002)で平成14年と度芸術選奨文部科学大臣新人賞、舞台「鈍獣」(2004)で第49回岸田國士戯曲賞、ドラマ「ゆとりですがなにか」(2016)で平成28年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2013年に脚本を担当したNHK連続テレビ小説「あまちゃん」では、社会現象になるほどのブームを巻き起こした。

また、「真夜中の弥次さん喜多さん」(2005)で映画監督デビューし、2005年新藤兼人賞金賞を受賞。2019年放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の脚本も手がける。

2017年 メガネ ベストドレッサー賞 受賞者まとめ

メガネ ベストドレッサー賞 2017年の受賞者まとめ~宮藤官九郎、吉田沙保里、土屋太鳳、高橋一生……

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


こんな記事も読まれています

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer