メガネスーパー、ウェアラブル事業拡大に向け新会社「Enhanlabo(エンハンラボ)」を設立- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネスーパー、ウェアラブル事業拡大に向け新会社「Enhanlabo(エンハンラボ)」を設立

メガネスーパー、ウェアラブル事業拡大に向け新会社「Enhanlabo(エンハンラボ)」を設立

メガネスーパー「b.g.(ビージー)」の最新プロトタイプ。

メガネスーパーは4月18日(火)、ウェアラブル端末事業の加速化を目的とする新会社「Enhanlabo(エンハンラボ)」を5月1日(月)付で設立すると発表した。

メガネスーパーでは、メガネ型ウェアラブル端末「b.g.(ビージー)」の商品企画化を進めており、企業・団体との提携や実証実験、納入候補先の開拓が行われている。

メガネ型ウェアラブル端末は他社でも開発されているが、b.g.(ビージー)の特徴は「見え心地」と「掛け心地」を追求していること。搭載された高解像度ディスプレイを通じて、さまざまな情報をハンズフリーで得られるので、幅広い分野で生産性向上への期待が寄せられている。

Enhanlabo(エンハンラボ)設立により、人材強化や資本調達、事業提携の自由度を上げ、b.g.(ビージー)を中心としたウェアラブル事業の成長を加速していくのが狙いだ。

b.g.(ビージー)について

メガネスーパー、ウェアラブル端末b.g.(ビージー)の最新プロトタイプを発表

b.g.(ビージー)は、専用ケースとケーブルを介してスマートフォンと接続することで、Wi-FiやBluetoothなどの通信機能、カメラ、アプリなどスマートフォンに備わる機能が利用できる。

b.g.(ビージー)は、専用ケースとケーブルを介してスマートフォンと接続することで、Wi-FiやBluetoothなどの通信機能、カメラ、アプリなどスマートフォンに備わる機能が利用できる。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


こんな記事も読まれています

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer