JINS(ジンズ)の運転用レンズ「JINS DRIVE LENS」が日の丸自動車グループのタクシードライバーに導入開始- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

JINS(ジンズ)の運転用レンズ「JINS DRIVE LENS」が日の丸自動車グループのタクシードライバーに導入開始

JINS(ジンズ)の運転用レンズ「JINS DRIVE LENS」が日の丸自動車グループのタクシードライバーに導入開始

image by ジンズ

メガネブランド JINS(ジンズ)から発売中の運転用レンズ「JINS DRIVE LENS」(ナイトタイプ)が、日の丸自動車グループの日の丸交通(東京都文京区)に福利厚生の一環として4月11日(火)より導入開始された。今後、日の丸自動車グループ各社でも順次導入される。

「JINS DRIVE LENS」のナイトタイプは、対向車のヘッドライトや街灯のまぶしさを抑えて良好な視界を確保する夜間向け運転用レンズ。夜間でも明るさを保つため可視光線透過率が84%と低く、一般的なサングラスに比べて色が薄いのも特徴だ。

JINS DRIVE LENS (右)日中用レンズ「DAY(デイ)」(左)夜間用レンズ「NIGHT(ナイト)」

JINS DRIVE LENS
(右)日中用レンズ「DAY(デイ)」(左)夜間用レンズ「NIGHT(ナイト)」

日の丸交通では、まぶしさの軽減や眼病の予防などサングラスによるアイケアの必要性を理解していたものの、タクシーは接客業であることを踏まえ、サングラスの着用を推奨してこなかったという。そこで、色が濃くないナイトタイプなら顧客の理解を得やすいのではと考え、「JINS DRIVE LENS」の導入を決定。ドライバーのストレスを大きく改善できると期待している。

JINS DRIVE LENS 着用イメージ

JINS DRIVE LENS 着用イメージ

また、日の丸自動車グループでは、まばたきや視線の移動を感知する「3点式眼電位センサー」と「6軸センサー」(加速度・ジャイロセンサー)を搭載し、着用者の心身の状態を把握して疲れや眠気を可視化できるメガネ「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」の導入試験を実施する予定。タクシードライバーの心身状態をリアルタイムで可視化し、社員ひとりひとりの総合的な健康管理を目指すとしている。

JINS MEME(ジンズ・ミーム) (左)JINS MEME ES 価格:39,000円(税別) (右)JINS MEME MT 価格:19,000円(税別)

JINS MEME(ジンズ・ミーム)
(左)JINS MEME ES 価格:39,000円(税別)
(右)JINS MEME MT 価格:19,000円(税別)

関連記事

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


こんな記事も読まれています

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer