OWNDAYS(オンデーズ)ふちなしメガネ加工コンテスト東日本予選、日本代表を目指す2名が選出- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

OWNDAYS(オンデーズ)ふちなしメガネ加工コンテスト東日本予選、日本代表を目指す2名が選出

OWNDAYS(オンデーズ)ふちなしメガネ加工コンテスト東日本予選、日本代表を目指す2名が選出

各チームで1位を獲得した4名が、東日本地区代表に選出された。

メガネブランド OWNDAYS(オンデーズ)は11月7日(火)、ツーポイント(ふちなし)メガネの加工技術を社員同士で競う「OWNDAYS I.R.A.C.」(ツーポグランプリ)の東日本予選を開催した。

予選会場には29名の精鋭が集結し、4チームに分かれて対戦。各チームで1位を獲得した4名が、東日本地区代表に選出された。また、関西・中部、九州、沖縄の各地区でも予選が行われ、計9名が12月に開催される日本予選に出場し、日本代表2名の座を競い合う。来年4月には、世界10か国の代表が出場する世界大会が行われ、優勝者には賞金100万円が授与される。

ツーポイント(ふちなし)メガネの加工は、メガネ店で働く人にとって「これができれば一人前」とされる項目のひとつで、腕の見せどころでもある。関係者によると、「OWNDAYS I.R.A.C.」(ツーポグランプリ)を通じて、会社全体の技術力が向上し、仕事への意欲やスタッフ同士の一体感も高まっているという。

会場となったのは、東京・品川の天王洲アイルにある OWNDAYS(オンデーズ)本社。

会場となったのは、東京・品川の天王洲アイルにある OWNDAYS(オンデーズ)本社。

世界大会の優勝賞金は100万円。

世界大会の優勝賞金は100万円。

制限時間は20分。ふちなしメガネを20分で完成させるのには相当な経験が必要。

制限時間は20分。ふちなしメガネを20分で完成させるのには相当な経験が必要。

レンズを固定する穴の位置を決め、極細のマジックで印を付けているところ。穴の位置がズレるとレンズがガタつくので、正確さが求められる。

レンズを固定する穴の位置を決め、極細のマジックで印を付けているところ。穴の位置がズレるとレンズがガタつくので、正確さが求められる。

専用の器械を使って慎重にレンズに穴を開ける。

専用の器械を使って慎重にレンズに穴を開ける。

穴を開ける位置がちょっとでもズレると命取りなので、表情は真剣そのもの。

穴を開ける位置がちょっとでもズレると命取りなので、表情は真剣そのもの。

専用の器械ではなくハンドドリルで穴を開ける出場者も。

専用の器械ではなくハンドドリルで穴を開ける出場者も。

穴を開け終えたら、レンズが適切な角度にしっかり固定されるようパーツの角度を微調整。

穴を開け終えたら、レンズが適切な角度にしっかり固定されるようパーツの角度を微調整。

そして、ネジを締めてレンズを固定していく。

そして、ネジを締めてレンズを固定していく。

テンプル(つる)をたたんだとき、真っ直ぐになっているか?

テンプル(つる)をたたんだとき、真っ直ぐになっているか?

左右のレンズが描くカーブやテンプルの開き具合が適切かどうか?などを確認していく。

左右のレンズが描くカーブやテンプルの開き具合が適切かどうか?などを確認していく。

各チームで1位を獲得した4名が、東日本地区代表に選出された。

各チームで1位を獲得した4名が、東日本地区代表に選出された。

関連記事

OWNDAYS(オンデーズ)ふちなしメガネ加工コンテスト開催、2017年の世界一が決定

OWNDAYS(オンデーズ)ふちなしメガネ加工コンテスト日本予選 上位2名が世界大会への出場権を獲得

OWNDAYS(オンデーズ)ふちなしメガネ加工コンテスト開催、世界スタッフの頂点に立つ優勝者が決定

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


こんな記事も読まれています

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer