メガネヘッドラインニュース~2017年8月第3週- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

メガネヘッドラインニュース~2017年8月第3週

メガネヘッドラインニュース~2017年8月第3週

by Marco Verch
【大きな写真を見る】

メガネ・サングラスに関するちょっと気になる情報や小ネタをお届けする「メガネヘッドラインニュース」。本日は、次の4つのニュースをご紹介。

▼「震災から命を救った『奇跡のメガネ』」

▼「松下幸之助と老舗メガネ店社長との秘話」

▼「メガネ力士 錦木『メガネのスポンサーがつくよう頑張る』」

▼「和紙の技術から生まれたメガネ拭き」


震災から命を救った『奇跡のメガネ』

持ち主の命救った「奇跡の眼鏡」 めがねの聖地・鯖江で展示
福井新聞ONLINE

地震発生時、持ち主だった男性はいわき市内の工場で働いており、地震によってはずれた高圧電線が顔面を直撃した。しかし、かけていた眼鏡のレンズが衝撃を受け止め、チタン製のフレームの芯に電流が流れたため、軽傷ですんだ。


松下幸之助と老舗メガネ店社長との秘話

小さな縁も大切にした松下幸之助
PHPオンライン 衆知|PHP研究所

昭和39年秋、幸之助は、北海道のあるメガネ店の主人から一通の手紙を受け取りました。そこには、ていねいな文章でこんなことが書かれていました。

詳しく知る

松下幸之助|富士メガネの歩み|富士メガネ

金井武雄は、メガネと関わって以来、メガネを掛けている人の顔を見て、少しでも下がっていたり、似合わなかったりすると、どうしても気になって仕方がなかった。来店のお客様はもちろんのこと、まったくの他人のメガネでもその場で掛け具合の調整などをサービスしていたという。国内、海外の旅行には、必ず小型の工具を持ち歩いていた。


メガネ力士 錦木『メガネのスポンサーがつくよう頑張る』

8月14日 錦木「コンタクト怖い」 - 夏の絵日記2017 - 相撲
日刊スポーツ

現在の“相棒”は2月に購入したモノ。これまで10個ほど、作り替えてきました。いずれは「もっといい眼鏡をかけられるように頑張ります。眼鏡のスポンサーもつくように」。そんな夢がひそかにあります。


和紙の技術から生まれたメガネ拭き

エアコン大寒波後に外出して眼鏡が曇った時に便利なoffの『メガネが拭ける和紙懐紙』
@DIME アットダイム

メガネ拭きはメガネを買ったときについていたものを使い続けているという方も、ちょっと気分転換に使ってみたくなるお洒落な柄のメガネ拭きを発見。しかもこのメガネ拭き、実は「和紙」でできているんです。

off メガネが拭ける和紙懐紙 Aセット メガネ拭き3種 12枚入り

off メガネが拭ける和紙懐紙 Aセット メガネ拭き3種 12枚入り

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


こんな記事も読まれています

この記事で紹介したショップ・ブランド

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer