イタリア発のアイウェアブランド「HEX Eyewear(ヘックスアイウェア)」が日本上陸、独自開発の生地素材にも注目- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

イタリア発のアイウェアブランド「HEX Eyewear(ヘックスアイウェア)」が日本上陸、独自開発の生地素材にも注目

イタリア発のアイウェアブランド「HEX Eyewear(ヘックスアイウェア)」が日本上陸、独自開発の生地素材にも注目

image by ミスター・ジェド

イタリア発のアイウェアブランド「HEX Eyewear(ヘックスアイウェア)」が日本に初上陸。5月14日(月)に日本公式ウェブサイト・オンラインストアがオープンし、日本での流通・販売が始まった。

HEX Eyewear(ヘックスアイウェア)は、2014年にイタリアのアイウェア会社と香港・台湾の会社のメンバーにより設立。主力となる「HEX(ヘックス)」とカジュアルな「H by HEX(エイチ・バイ・ヘックス)」の2ラインを展開している(※1)。

HEXATATE製ディスプレイ

HEXATATE製ディスプレイ

プラスチック製メガネフレームの大半が「アセテート」と呼ばれる素材を使用しているのに対して、HEX Eyewear(ヘックスアイウェア)では独自に開発した生地素材「HEXATATE(ヘクサテート)」を採用。HEXATATE(ヘクサテート)は、アセテートが持つ色つやはそのままに、より軽量かつ経年変化が少ないのが特長だ(※2)。

HEXATATE製の定規

HEXATATE製の定規

HEX Eyewear(ヘックスアイウェア)は、他ブランドとのコラボレーションや生地素材の提供も積極的におこなうとしており、すでに世界的なブランドのアイウェアラインに生地素材を提供することが決まっているという。また、日本の総代理店であるミスター・ジェド社とともに、日本独自の企画もおこなう予定だとしている。

※1:参考価格(税別)

  • HEX Eyewear(ヘックスアイウェア):31,000円~
  • H by HEX(エイチ・バイ・ヘックス):13,000円~24,000円

※2:HEXATATE(ヘクサテート)の特徴

  • 【主成分】アクリル樹脂
  • 【重量】一般的なアセテートの92%
  • 【経年変化】一般的なアセテートよりも少ない。
  • 【加工に必要な時間】一般的なアセテートよりも少ない。
  • REACH / RoHS/ EN71-3 / BPAフリー テスト・分析済み

HEX(ヘックス) Abnale

HEX(ヘックス)
Abnale

H by HEX(エイチ・バイ・ヘックス) Willam JS.

H by HEX(エイチ・バイ・ヘックス)
Willam JS.

HEX(ヘックス)のメガネケース、メガネ拭きなど。

HEX(ヘックス)のメガネケース、メガネ拭きなど。

HEX(ヘックス)のアイウェアとメガネケース。

HEX(ヘックス)のアイウェアとメガネケース。

着用イメージ

着用イメージ

着用イメージ

着用イメージ

HEX Eyewear - Birth - YouTube

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


こんな記事も読まれています

この記事で紹介したショップ・ブランド

今回のニュースソース・関連リンク

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer