【EYEMETRICS(アイメトリクス)】- GLAFAS(グラファス)

メガネのことなら!グラファス:メガネ・サングラス総合情報サイト

EYEMETRICS(アイメトリクス)

EYEMETRICS

EYEMETRICS(アイメトリクス)公式サイト(スクリーンショット)

EYEMETRICS(アイメトリクス)は、顔の寸法を測り、掛けるひとの顔に合わせて作る世界で唯一の計測系オーダーメイドメガネ。

激しい動きにもズレにくく、自然なフィット感が得られるので、元プロ野球選手で現在野球解説者の古田敦也氏をはじめとしたスポーツ選手の間でも人気が高い。

愛好者の紹介|アイメトリクス公式サイト|アイウェア・メガネ・スポーツビジョン

また、2010年サッカーワールドカップ日本代表を率いた岡田武史監督も愛用者のひとりで、ワールドカップ時に掛けていた特注の青い EYEMETRICS(アイメトリクス)が、多くのひとの注目を集めた。この大きな反響を受けて、岡田監督モデルのフレームは2010年秋に発売されることになった。

岡田監督のメガネ アイメトリクス 今秋発売

世界で唯一の計測系オーダーメイドメガネ

EYEMETRICS(アイメトリクス)のメガネを作る際に使用される計測器アイメーター EM1000。 image by アイメトリクス・ジャパン 【クリックして拡大】

EYEMETRICS(アイメトリクス)のメガネを作る際に使用される計測器アイメーター EM1000。
image by アイメトリクス・ジャパン
【クリックして拡大】

EYEMETRICS(アイメトリクス)は、世界で唯一の計測系オーダーメイドメガネ。

EYEMETRICS(アイメトリクス)でメガネを作るときには、アイメーターと呼ばれる専用の機械で、顔のかたちを立体的に計測。頬の高さや両目の間隔、鼻、目と耳の位置など、測る箇所は全部で87。そのデータをもとに、完全受注生産される。

左右のレンズをつなぐブリッジと呼ばれる部品や鼻パッド、テンプル(つる)、耳にかかる部分といった部品は、それぞれ3~4タイプ揃っていて、測ったデータをもとに、顔のかたちに最適なものが選ばれる。

また、アイメーターで EYEMETRICS(アイメトリクス)を掛けた顔の合成画像を見ながら、レンズのかたちやカラーを選ぶことができるのもうれしい。

(本記事は、執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。また、外部リンク先につきましては、削除されていることもございますので、ご了承ください。)


【オススメ】セルフレーム ツヤ出しクリーナー


最新ニュース

EYEMETRICS(アイメトリクス)取扱店舗一覧

免責事項:「ブランド取り扱い店リスト」はメガネ店ホームページ・ブログなどを元に独自に調査したものです。当サイトに掲載されている店舗のみのリストとなっております。最新の在庫状況などについては、各メガネ店にお問い合わせください。

※「ブランド取り扱い店リスト」への掲載ご希望のメガネ店さまは、コチラよりお申し込み下さい。

メガネのメルマガ

毎週金曜日にメールマガジンを発行中!

GLAFAS(グラファス)の更新情報やコラムをお届けするほか、読者さまからのご質問にもお答えします。

メールアドレス必須
お名前 ※ニックネーム可必須
お住まいの都道府県必須

powered byメール配信CGI acmailer